雨上がりの夜に

自分の決めた目標に向かって歩いている途中には、必ず自分の前に壁が立ちはだかる時が来ます。

前に進もうと必死になっても、ぜんぜん進めないくて、イライラしたり、落ち込んだり、自信をなくしたり。

今までの私だったら、いちばん簡単な「あきらめる」という道を選んでいました。

でも、最近の私はちょっとばかり変わりました。

壁にぶち当たるということは、その壁をこえればステップアップできるということ。

壁まで歩いて来られたことに、喜びを感じたりしています。

今度の壁は、高くてこえられるかどうかわからないけど、きっと何かが私を待っているはず。

それが、悪い結果だったとしても、後悔はしたくないです。

==

今日は、一日中あめがふっていました。

それでも、雨の合間に濡れるのを楽しみながら、外で遊んでいた我が息子。

ドロと草と汗にまみれた息子は、すっごく幸せそう。

しっかし、よくも飽きずに遊べるものです。最高で8時間通して遊んだ日もありました。

お陰で真っ黒。我ながらあっぱれ。

そして、ふと床をみるとアリがたくさん歩いているのを発見。

アリとの格闘は、慣れたものです。

彼らに対抗するには、まず、観察することです。

よ〜く彼らの行動をみて、どこから侵入してきたかを見極める。

そして、そこへ「シュッ」とか「タラ〜」とかすると一発です。

でも、今夜のアリは、不規則な行動をとっていてなかなか手強そうです。

カテゴリー: ブログ パーマリンク