ボーリング大会

今日は、日本語補習校の後、娘のクラスのボーリング大会がありました。実は、幼稚園からこの補習校に通っているお友達が、夏休み前に、突然、補習校を辞めてしまうことになり、その方の送別会だったのです。

娘のクラスは、お母さん同士とても仲がよく、ずっと良いお付き合いをさせていただいています。もちろん、全員日本人なのですが、お一人お一人のおかれた立場が全く違いますので、正直なところ、あまり良い関係を築けないクラスもあるのです。

例えば、日本の大企業からの駐在組さん。いずれは、日本に帰国されますので、日本語の保持は、本気です。いくら帰国子女枠の中学や高校を受験するといっても、教科書の勉強だけでは、足りないようですし、英語も英検準1級程度の力が求められるとか(厳しいですね)。

それから、国際結婚をされている永住組さん。こちらは、日本語は、アメリカの大学のスカラーシップをとるためですとか、日本語が喋れればOKですとか、とにかく、日本語を楽しんで学びたい方が多いようです。

また、永住組さんの中でも、ご両親が日本人で、こちらの会社に就職されている方。この方達は、将来は、アメリカで進学する方が多いと思いますが、家の中では日本語オンリーにされていたり、日本語にかける思いはまた別です。

このように、いろいろな考えをもった親御さん達で構成されていますので、一つにまとまらないのが補習校です。それでも、お互いの立場を理解し、尊重しながらお付き合いができる、そんな素敵なお母様たちばかりなのです。

今日は、子ども達はボーリングで盛り上がり、お母さん達は、後ろで「あーでもない、こーでもない」と、お喋りで盛り上がりました。その後は、チャイニーズレストランで夕飯をいただき、いつまでも話がつきない、そんな楽しいひとときを過ごしました。

メンバーがひとり減ってしまい、寂しいと思っていたところに、日本から新しく転校生が来てくれました。日本から新しい風を吹き込んでもらって、日本語を勉強する意欲も、いっそうわき上がってくれることでしょう!

カテゴリー: ブログ パーマリンク