人手が足りない!?

学校が始まって初めての金曜日。今日は、放課後に予定が立て込み...、まるで、売れっ子芸能人のマネージャーになった気分でした。

予定が立て込んでいるのは、私ではなく子供です。5才違いの男女の姉弟がいると、それぞれの趣味が違いますので、予定を組むのも一苦労。

娘は、テニスのレッスン。息子は、お友達のバースディーパーティー。その時間差がすれすれで、時計を見ながらバタバタと運転手(母親です)はそれぞれの目的地へ送りとどけなければなりません。

今日のスケジュールはこんなかんじでした。

3:00 学校に息子のお迎えに行く。

3:10 息子を車にのせ、バースディーパーティー会場へ。(車の中でバースディーカードを書かせる。)

3:30 バースディーパーティー会場に到着。(すぐにおいとまするのは、失礼かと少し歓談。)

3:50 駆け足で学校へ引き返す。

4:05 娘のお迎え。(重いバックパックを背負って、立って待っていたご機嫌ななめの娘を車に乗せる。)

4:15 15分も遅刻してしまったが、テニスコートに到着。
 
娘のテニスの間、スーパーに立ち寄る。

5:00 娘のお迎えに行き、息子のお迎えに直行。(夕方のラッシュにぶつかり、イライラしながらの運転)

5:30 バースディーパーティー会場に到着。

少しお母さん方と歓談したあと、自宅へ。

6:15 帰宅。疲れていたので、夕飯をピザにしてしまおうか悩んだあげく、気を取り直し、やっぱり作ることに。

アメリカ人のご家庭は、お父様が子育てにとても協力的です。今日のような日も、きっと、アメリカ人なら、どちらかの送り迎えを、お父様がしているのかも知れません。何でも、アメリカの一流大学に入るには、成績が良いだけではダメだそうで、放課後に習い事をたくさんさせて、勉強以外にオンリーワンの部分を作らないといけないらしい、と聞いたことがあります。

だからかどうかわかりませんが、放課後の過密スケジュールをこなすためには、お父様が協力してくれなければ、まわらないのかも知れませんね。

それにしても、車の運転が、交通規則ギリギリだったりして...。つくづく、気を付けなければいけません。急いでいるときに、起こりますものね。

カテゴリー: ブログ パーマリンク