ホットグルーにご用心

先週末は、息子のサイエンスの宿題で、久しぶりに親子で工作をやりました。

今サイエンスでは、「カムフラージュ」について習っていて、動物が草や枝などにカムフラージュしている様子の模型を作る、という宿題です。

息子が選んだ動物(昆虫)は「Walkingstick」という虫で、息子がいうには、アメリカでは一番体長が長い虫なのだそうです。

体全体が、枝のような色・形をしていて、枝にのっかっていると、枝なのか虫なのかわかりません。

その「Walkingstick」という虫が、枝にとまっている様子を、割り箸やくしを使って作りました。

息子は、土曜日の早朝から起きて、自分一人で作っていました。

ところが、ちょうど私が朝ご飯を作っている時に、突然

「ギャー」

という声と共に息子が走って来ました。

何かと思ったら、ホットグルー(グルーガンとも言いますね)が自分の足にタラーっと解けて落ちてきたらしいのです。

もう、大やけど。

のりがぺったりとくっついて、その上から氷で冷やしてみたものの...、もう、皮がむけて赤く腫れ上がり、なんとも痛ましい足になってしまいました。

小さなお子さんをお持ちのあなた。

お子さんが、ホットグルーを使うときには、私のようにほったらかしにしてはいけません。

必ず、そばについていてあげてください。

やけど以来、すっかり工作の意欲が失せてしまった息子。

あとは、ほとんど私と夫が引き継ぎました。トホホ。

カテゴリー: ブログ パーマリンク