親の心子知らず

今、息子は小学2年生なので、日本語補習校では、かけ算九九を習っています。

補習校で習うだけでは、とうてい覚えられないので、家でも練習させているのですが、これが、もう、すっごく、大変なんです。

日本で2年生を経験した娘は、こんな大変ではなかったんですよね。親も知らない間に覚えてた、というかんじでした。

毎日、学校でやってくれていましたし、お友だちも頑張っていると励みにもなり、自分から必死に覚えようとしていました。

でも、アメリカで2年生を迎えた息子は、本当に「覚えよう」という気持ちがなくて、困っています。

「九九だいっきらい。」といいながら、いつもプンプン怒ってます。

現地校では、そろそろかけ算を習い始めるころなのですが、もちろん日本のような九九はありません。

それでも、現地校でかけ算が始まったら、少しはやる気が出てくれるのかしら?

九九に限らず、現地校ではやらないけど、日本語補習校(日本の学校)では習うこと。

例えば漢字なんかが、この代表かと思いますが、これをやらせるのは、親、特に母親の手腕にかかってきます。

子供のやる気がないのに、やらせなければという親の焦り。

焦れば焦るほど、子供の心は離れていくんですよね。

そうと分かっていながら、今日も、また、言い過ぎちゃったかな。

カテゴリー: ブログ パーマリンク