The Scary Night

子供達が一年で一番楽しみにしている夜。

Halloweenに車の事故を起こした。

運転は私。助手席には、友達とTrick or Treatに行くはずの娘が乗っていた。

暗くなりかけた7時過ぎ。

3車線ある比較的大きな道の、一番右車線を走行していた。

ある交差点に侵入したとたん

目の前に黒い車が結構なスピートで、左から入って来た。

完全にぶつかると認知しながらブレーキ。

衝突の後、なぜかブレーキを踏んでいるはずの足がアクセルを力一杯踏んでいた。

猛スピードで、交差点の角にあるガソリンスタンドに突進。

慌ててブレーキを踏み直し

ガソリンスタンドの看板に激突しやっと車は停止。

助手席のフロントガラスが大破。

あと一歩で、娘に突き刺さる勢いだった。

目の前に白い物体が見えた。

エアバックだった。

右を見るとガラスまみれ娘が

「F○ck my life!」と叫んでいた。

無事である事がすぐに分かった。

即座に運転席側のドアから脱出。

娘も私の後を追って、すぐに脱出。

誰かが駆け寄り「Are you OK?」

と声をかけてきた。

車の中からハンドバックをとり、携帯電話で夫に電話をした。

その最中に、救急車とパトカーのサイレンが聞こえた。

この事故の為に、誰かが呼んでくれたのだろう。

相手の運転者が救急車の担架に歩いて横になった。

何かに仮装していたようだった。

相手の車には、おそらく3~4人乗っていたようだった。

彼らもTrick or Treatに行くところだったらしい。

警察の人がやって来て、免許証と保険会社のインフォメーションを聞かれた。

住所や電話番号も聞かれた。

救急の人が寄って来て、どこか痛いところは無いかと聞いて来た。

両手の親指付け根辺りが、ひりひり痛むと訴えると、アイスパックをくれた。

エアバックのせいとのこと。

その後何分かして、夫が駆けつけてくれた。

夫は、買ったばかりのiphoneで、両方の事故車の写真を撮りまくった。

レッカー移動の人が到着。

車の移動が始まった。

9年間のった愛車がメチャメチャの状態で、ガソリンスタンドの看板にはまり込んでいる。

助手席のサイドミラーが引っかかって、なかなか、引っ張りだせない。

メリメリと音を立てて、サイドミラーが車からはがれ落ちた。

相手の車も一緒にレッカー屋さんが運んで行った。

帰宅後、保険屋に事故を報告。

保険屋と契約しているボディーショップ(修理屋)が、車を見て修理の見積もりを取るとのこと。

この車の評価額より、修理代が高くなるようだったら、廃車ということだ。

そして、相手の人がどの程度の傷を追ったのだろうか。

軽傷であることを祈る。

何より、娘が無事であったことが救いである。

もし、娘がけがをおっていたら…と考えると、今日は眠れないだろう。

娘も寝られないようだ。

怖い思いをさせてごめん。母親失格だ。

カテゴリー: ブログ パーマリンク