Score ChoiceとSuper Scoreの違い

Score Choice

何度かSATを受験した内、最高得点のみを選んで大学に送ることができます。

たとえば、3回SATを受けたとして、3回目が一番点数が良かった場合、3回目の結果のみを大学に送ればよいということです。

受験する大学のホームページ上にあるアドミッションのセクションに、”You are free to use the College Board’s Score Choice.” とあれば、一番結果の良かったスコアだけを選んで送ってよいということです。

(SATの結果は、殆どの大学ではSATを主催しているCollege Boardのサイトから直接大学に送るように求められています。たまに、自己申請を受け付けている大学もあります。送るのにもお金がかかりますから、その辺を考慮しての措置だと個人的に考えます。)

Super Score

SATを複数回受けた場合、教科ごとに最高得点のものを選んで大学に送ることができます。たとえば、3回受けて以下のような結果になった場合、3回目のEnglishと2回目のMathを選んで送ることができます。

 

 Evidence-based
Reading and Writing Test
Math
第1回目550670
第2回目540680
第3回目580630

 

 

しかし、注意して欲しいのが、すべての大学でScore ChoiceやSuper Scoreを受け付けているわけではありません。受けたテストすべての結果を送ることを求めている大学もあります。その場合、何度もSATを受験すると印象を悪くします。SATを受験する前にすでに志望校が決まっていれば、戦略が立てやすいですが現実はなかなかそうは行きません。SATは多くても3回までの受験に抑えておくのをお勧めします。

SAT SubjectTestは、今のところ殆どの大学でScore Choiceを受け付けています。何科目か受けて結果の良かった教科、同じ教科でも何度か受けて点数の高い方を送ればよいでしょう。

カテゴリー: アメリカ大学受験 パーマリンク