お魚屋さん

アメリカ、特に海に面していない州では、新鮮なお魚がまったく手に入らないところがあります。昔、アメリカのど真ん中に住んでいたことがあるのですが、お魚好きな私としては、ホント辛かったです。

Fish

今は、幸いなことに、車で30分ほどの場所に、魚の市場があり、月に1度ほど買い出しに行っています。

今日の魚は、鯛系のお魚と青魚。大海を優雅に泳いでいたのか、かなり大きいです。味も、日本のお魚よりも大味かもしれません。

市場の人に、うろこを取って、内臓も出してもらいました。頼むと、ぶつ切りにしてくれたり、3枚におろしてもらうこともできます。

最近は、アメリカでもヘルシー指向が広まっていて、「saturated fat 0g」がうたい文句として、流行っていますが、お魚を食べようという動きはまだないようです。

魚が敬遠される一番の原因は、どうもその臭いのようです。

確かに、スーパーに並んでいる魚は、臭いでその存在を表している、といえるほど。

仕入れても、売れない→売れないから、鮮度が落ちる→ますます臭う→嫌われる

こんな図式なのでしょう。

食文化は、長い年月をかけて培われたものですので、なかなかそう簡単に変えることなどできません。

島国である日本で生まれ育った者としては、常に魚を追い求めているような気がします。

カテゴリー: ブログ パーマリンク