時間の使い方

子供の夏休みが始まったからなのかも知れませんが、毎日があっと言う間に過ぎていきます。

あれもやりたい、これもやらなきゃ、と考えているうちに、何ひとつ終えることなく一日が過ぎていく。最近、そんな日が続いていて、少しあせり気味です。

子育てと家事を、計画通りにこなしてゆくことは、なかなか出来ないものです。

子供には「待って」がききませんので、すぐに家事が中断し、なんだか私の周りには、途中になっているものがたくさんあります。

ほんの10分15分の間に、すこ〜しずつ進めて行き、それを、パズルのように組み合わせるしかないようです。

その短い時間の使い方、いかに集中するかが、とても大切なのかなと思うようになりました。

「どうせ時間がないから出来ない」と最初からあきらめるのではなく、出来るところまでやってみる。たとえ、それが中断したとしても、また、時間を見つけて、ちょっとずつやってみる。

そうしているうちに、なんとなく形になっていくような気がします。

そして、私の役割の中でいちばん大切なこと。それは、

子ども達の日本語を見てあげること

これにつきます。

これを、根気強く続けられるのは、母親以外、他にはいないと自負しています(笑)。

いくら日本語補習校に通っていても、たった週に一度だけです。足りない部分をしっかり見つめ、あきらめずに気長に続ける...。

母親があきらめたら、糸の切れた風船と同じ。どこか遠くへ行ってしまいますので。

そう考えると、ある意味、私の家事と似ているかもしれません。

カテゴリー: ブログ パーマリンク