小児科のチェックアップ

一昨日の火曜日に、Back to Schoolに向け、子ども達のチェックアップを小児科で受けてきました。

チェックアップでは、問診や内科検診をします。そして、必ず大切なところもチラッと視診します。日本ではめったにしませんよね。

それから、足りない予防接種。7th Gradeになる長女は、破傷風とツベルクリン。2nd Gradeになる長男は、ツベルクリンのみでした。

長女は、赤ちゃんのときに、日本でBCG接種をしているので、陽性になるのでは...?と先生に聞いてみると、もう12年も前だから、陰性になるかもしれませんよとのこと。結果は、案の定陰性でした。

長男は、BCGをしていないので、やはり陰性でした。

そのあと、血液検査をしに検査ラボへ。血液をキューっと抜かれました(笑)。結果は、郵送されてくるようです。

学校が始まる前に、しっかり検診をしておくと、安心です。何より、小児科の先生と顔合わせしておくと、急に具合が悪くなった時でも、診てもらいやすいですし、覚えていてもらえますので。

そうそう、大人も年に1回の検診をするように推奨されています。私もそろそろ行かなければ...。子ども達には、「注射なんて痛くないわよ〜弱虫ねえ」なんて言っていますが、本当は、私も注射ぎらいで、痛いのが大の苦手です。子供の健康ばかり気にしていますが、大人もチェックアップしないといけないですね。

カテゴリー: ブログ パーマリンク