スポーツ大好き!

アメリカ人は、本当にスポーツが大好きです。自分でやるのも好きですし、観戦するのも大好きです。

そして、もうひとつ。

子供にスポーツをやらせるのも、好きなのです。

しかも、一つのスポーツに固執しないところが、日本との違いだと思います。

日本は、一つのスポーツをコレと決めたら、何年間か続けてやらせますよね。

でも、アメリカ人は違います。

もし、その子が気に入らないとか、向いていないと分かったら、すぐに別のスポーツに乗り替えてしまいます。

そして、同時に、いくつかのスポーツをやらせていることが多いようです。

ですから、学校のクラブもシーズン制。

なんか、プロのようですが、小さい頃からいろんなスポーツにチャレンジさせていますので、あれこれ出来るように考えられているのかもしれません。

うちの息子も、今のところアメリカ流です。

彼の目標は、すべてのスポーツにチャレンジすること、らしいです。

まあ、それはとうてい無理ですが、確かに、いまのところメジャーなスポーツには、チャレンジし続けています。

ちなみに今は、バスケットにはまっています。

学校の放課後、週に1回練習があり、週に1回試合があります。

その他に、毎日、学校から帰ってきたら、近所のお友だちを相手に、バスケットを2時間ほどやらないと、機嫌が悪いんです。

でも、昨日、バスケ、バスケと言っていた息子が珍しく、キャッチボールがやりたいと言い出して、久しぶりにキャッチボールの相手をしてびっくりしました。

5才のときに、初めて野球をやった息子は、当時、キャッチボールは出来ませんでした。

ボールは取れないし、真っ直ぐ投げられない。

元ソフトボール部だった私は、ちょっとがっかりしていたのですが、昨日の息子は、別人でした。

かなりの距離が投げられるようになっているし、ボールもしっかり取れるようになっていました。

5才の時挫折して以来、野球はほとんどやったことがなかったのに....いつの間にか。

きっと、運動神経って、どのスポーツにも共通する何かがあるんですね。

だから、一つのスポーツに固執しなくても、あれこれやっている内に、いろんな神経を刺激して、相互作用で出来るようになっていくものなのでしょう。

プロスポーツ選手も、小さな頃は、別のスポーツをやっていた、なんて話は良く聞きます。

本当に自分に向いているスポーツを見つけるまでは、あれこれと挑戦して、楽しむことが大切なのかも知れません。

そろそろ、夏のサマーキャンプを決める時期になってきましたが、サマーキャンプは、新しいスポーツに挑戦する丁度良いチャンスです。

今年はなにに挑戦するのか、楽しみです。

カテゴリー: ブログ パーマリンク