Chaperon

今日は、息子の遠足に同行しました。遠足と言っても、近くのスーパーです。

スーパーで子ども達が来るのを待つこと10分。

バスに乗ってやって来ました、総勢60人ほどのsecond grader達。

3人ずつのグループに分かれて、先生から渡されたリスト通りに、お買い物をします。

私たち保護者は、そのお目付役ってことですね。

ひとりずつジップロックに、入った買い物のリストとお金($6)を持って、いざスーパーの中へ。

私が担当したグループは、男の子ということもあり、お買い物には今ひとつ興味がない様子でした。

カートに飛び乗ったり、スーパーを走り出したり、大はしゃぎで..,。まあまあ、大変だこと。

商品を見つける役目は、結局、私の役目となりました。

唯一、レジに列んで、お金を出して、おつりをもらうところは、興味津々だったようです。

とっても大人しかったです。

そういえば、算数の授業でお金の計算を勉強していたので、これは、算数の授業だったのでしょう。

実際にやってみることって、大切だと思います。

紙の上で計算するより、自分で実際にお買い物をして、お金を出しておつりをもらう。

これ大切だと思います。

あと、時計の読み方なんかも、親が口で教えるより、腕時計を買ってあげると、一発で覚えますよね。

カテゴリー: ブログ パーマリンク