アメリカのシリアル

アメリカの朝食の定番といえば、シリアルでしょう。日本では、コーンフレークとよく言いますね。

Cereal

このシリアル。最近は、アメリカでも進化していて、新しいフレーバーのものが、次々と発売されます。

フルーツやナッツ、レーズン入りはもちろんのこと、ヨーグルトのフレークが入っているものもあります。

ちなみに私の一番のお気に入りは、ケロッグのプレーンなコーンフレークです。あのカリカリとした食感と、甘みがないところがいいんですね。

このコーンフレークに、バナナやイチゴ、ブルーベリーなど生のフルーツを入れて、牛乳を注いで頂くのが大好きです。

子ども達は、アメリカの食生活にすっかり毒されてしまっているのか、フレーバードで半端じゃない甘さのシリアルがお気に入りです。

こんな甘いシリアルを朝からよく食べられるなーと横目で見ていたら、なんと、息子がさらにお砂糖を入れようとしているのに、ビックリしました。

これには、一気に眠気が覚めました。

本当に、甘ければ、または、塩っ辛ければOK、という味覚。

もう、やめませんかー!

カテゴリー: ブログ パーマリンク