SummerReading

アメリカの学校は、夏休みの宿題がないと思っている方、多いと思いますが、読書や読書感想文などの宿題は結構あると思います。

Summerreading2007

私の子ども達が通っている学校では、毎年、SummerReadingの宿題が出ます。

今度、3rdGradeの息子は、自分のレベル相当の本を、6冊読んでくることが宿題です。そして、その中から1冊、お気に入りの本を選んで、感想レポートを作ります。

日本のような作文ではなく、主人公の絵を描いたり、一番、気に入ったパートの説明をしたり、楽しんでできるような内容です。

今日は、図書館に行って、めぼしい本を借りてきました。

息子は、シリーズものにはまると、全部の本を読まないと気がすまない性分で、今回も同じシリーズの本を借りてきました。

でも、このシリーズは、50冊以上あると思うので、多分、全部読むのは無理でしょう。

アメリカに来てから、図書館をよく利用しています。

本が高いという理由もありますが、何でも返品OKのアメリカといえども、なかなか、途中まで読んで気に入らなかった本を返品するには、少し、後ろめたい気持ちがあり、いつも、気を使わずにすむ、図書館で借りてきます。

一回に50冊まで借りられて、1か月くらい貸出期間があります。

返却し忘れそうになったら、web上で、貸し出し期限の延長をする事も出来ます。

夏になると、イベントも行われますし、今日は、沢山の親子連れで賑わっていました。

カテゴリー: ブログ パーマリンク