姉弟ゲンカ

確かに私も、子供の頃は、姉とよくケンカをしました。

まあ、女姉妹のケンカなので、少々手を出したとしても、流血するまでには至りませんでした。

でも、うちの場合は、下の子が男の子ということもあって、かなり凄まじいケンカです。

大声は出すし、手足も出すし、鼻血も出す。

一日中、姉弟が顔をつき合わせて暮らすって、よほどストレスなのか。

それとも、ストレスを発散しているから、こうなるのか。

どちらにしても、それをハタで見ているこちらが、一番ストレスです。

仲裁は、ほとんどしないことにしています。

下手に成敗して、どちらかが納得できない結果に終わらせるのは、ケンカをもっと大きくさせるだけなのです。

今まで、あれこれ試行錯誤して、「仲裁しないことが一番」ということに気がつきました。

お互いに気の済むまで、とことんやる。

そうすると、一段落ついたところで、不思議と晴れ晴れとした表情になるんですよね。

「は〜、仲直りしたか。やっぱり姉弟。本当は、仲良しなんだよな〜」

と、思っているのもつかの間、また、あらたなケンカが勃発して、それの繰り返し。

もう、いつまでケンカすれば気が済むのやら。

カテゴリー: ブログ パーマリンク