片づけ運動

アメリカの家には、玄関がないことが多いです。

家の中も、靴をはいて生活している方が多いので、靴を脱いで置いておくスペースは必要ないのです。

でも、私たち日本人は、たとえ玄関用のスペースがなくても、玄関らしきスペースをつくって、生活している方がほとんどでしょう。

もちろん、我が家もなのですが、いつも玄関のドア付近一帯が、砂や石でざらざら状態。

おまけに、子供の遊び道具や、スニーカーにサンダルに...となると、家の中で玄関が一番ちらかっている。

外から帰ってきて、玄関を開けた瞬間、ドワーっとイライラ虫が出てくるのは、この散らかりが目の前に広がっているからだ、と気が付きました。

せめて、玄関だけは片づいた状態でいたいと思い、帰ってきたら、

「自分の脱いだ靴は、すぐに靴箱に入れる運動」

をしています。

まだ、初めて3日目ですが、なかなか快適です。

靴だけでなく、靴下も一緒に脱ぐクセのある息子には、

「脱いだ靴下は、すぐに洗濯カゴにいれる運動」

もやらせています。

それだけでも、気分が随分違うものですね。

子供が少し大きくなってきて、お手伝いもしてくれるようになったので、助かっています。

感謝です。

カテゴリー: ブログ パーマリンク