Face book

アメリカのティーンエイジャーなら、必ずやってるFace book。

良く言えば、お友達の輪を広げるコミュニティーサイト。

悪く言えば、出会い系サイト。

我が家の15歳の娘も、もちろん、やってます。

自分のプライペートな写真も、バシバシ公開していて、

もしかしたら、私の写真も勝手にアップしているかも知れない。

15歳くらいだと、いい意味、疑いなくまっすぐだから、

反面、怖いです。

この夏休み、この15歳の娘、弟のFace bookのアカウントを作り、

写真をアップしたり、お友達になってくださいメールも、弟の代わりに出している模様。

そして、自分のメーラーに、

勝手に弟のメルアドを登録し、

勝手に弟のメールを読んでいるらしい。

「へへ〜ン、○○ちゃんからメール来てたよ。」

なんて言うものだから、プロレス会場に早変わりですよ。

こういうプライバシーの侵害は、絶対禁止!

じゃー、あなたのメールも私に見せなさい!

今すぐ、登録解除しなさーい!

と一喝しました。

アメリカのティーンエイジャーは、自分で歩いて鉛筆1本すら買いに行けないので、

自由がありません。

可哀想だなと思うんですが、今の時代、こんな風に世間とつながっている。

やっぱり、世間を見てみたい好奇心、ありますよね。

当然ですよ。

でも、インターネットっていうのは、情報が偏りがちなので、どうなんでしょう。

もっと、自分で実際に見たもの、経験した事で、感じ取ってほしいです。

カテゴリー: ブログ パーマリンク