二つの祖国

今日は、高校生の我が娘、日本人のお友達の家にお泊まりに行っています。

娘は、アメリカ人のお友達より、日本人のお友達の方が、心を開いたお付き合いが出来るようです。

帰国子女ではない私たち親には分からない辛さなど、相談事はすべて彼女にぶつけているようです。

たったひとりでも、こういう真のお友達がいてくれるのは、親として本当にありがたいことです。

以前、帰国子女専門の塾「JOBA」の方と個人相談をさせて頂いたことがあります。

その時に、頂いた言葉が未だに心に残っています。

「小学校2年生がキーです。

小学校2年生の時に、日本の小学校で学ぶか、アメリカの小学校で学ぶか。

それによって、その子の得意言語が決まります。」

娘は、小学校2年生の時は日本の小学校でした。

得意言語は、もしかしたら英語の方かも知れませんが、

やっぱり娘は日本人としての心を持っています。

それに引きかえ、生まれも(ほとんど)育ちもアメリカの息子は、

アメリカ人のお友達の方が、遊びも合うし、分かり合える部分が多いようです。

彼は、もはや帰国子女ではなく、日本語も喋るアメリカ人なのかも知れません。

同じ姉弟でも、育った環境/その時の年齢が少しずれただけで、

随分違うものです。

今後、この二人の人生どうなって行くのか。

楽しみでもあり不安でもあります。

カテゴリー: ブログ パーマリンク