授業が始まる前の誓約書

毎年の事ですが、新学期初日の宿題は、誓約書にサインをしてくること。

何の誓約書かといえば、

宿題を期限通りにやってきます。やらない場合は、成績が下がります。

とか、

授業中は、騒いだりふざけたりしません。

とか、

成績は、テスト30%、クイズ20%、宿題20%の割合で評価します。

などなど...。

親と生徒、両方のサインが必要です。

契約社会だし、すぐ裁判になったりするので、学校側としては大切なんでしょうね。

でも、先生と生徒の信頼関係はそこにあるの?とちょっと疑問に思ったりします。

==

日本語補習校と現地校の両立。

本当に難しいです。

海外子育てで、一番大変なのは、日本語の保持かも知れません。

親が、放ったらかしていたら、絶対に絶対に、日本語の保持はありえません。

(断言しちゃいます)

小さな一歩ずつでも、親が一緒に肩を並べて歩んで行かなければ、

バイリンガルになんて、なれないと思います。

なんか、ちょっと、そんな事を感じた一日でした。

明日も頑張ろう。

カテゴリー: ブログ パーマリンク