送り迎えが大変です

いつぞやもブログに書きましたが、アメリカの大学受験には、

高校時代、部活をやっているかどうかが、

合否の判断要因の一つになったりします。

だから、スポーツも大事な勉強のひとつ。

スポーツは、シーズン制になっていて、

一年に一度しかそのシーズンは回って来ません。

それを逃すと、来年までそのスポーツはできない、ということです。

トライアウトなんかもあり、結構本格的。

プロみたい。

でも、スポーツのスカラシップで大学をねらっている人は、

本当にプロみたいに上手です。

8月下旬〜10月上旬までは、娘のゴルフのシーズンなので、

この時期、私も送り迎えがすごく大変。

娘ひとりに集中出来るならいいけれど、

息子を学校にお泊まりさせる訳にもいかず、

時間のやりくりに四苦八苦です。

今日は、そんな私を見かねたお友達のお母さんが、

息子をピックアップして預かってくれました。

もう、すごく助かりました。感謝です!

こんな時、おばあちゃんがいてくれたらな〜と思います。

アメリカ人は、おばあちゃん、おじいちゃん、夫、

総動員で子供の送り迎えのやりくりをしています。

お母さんが働いているご家庭が多いですしね。

でも、こんなに手塩にかけて育ててきた子供を、

高校卒業したらポーンと手放すアメリカ人。

そんな風にできるのか、私の場合ちょっと自信なしです。

カテゴリー: ブログ パーマリンク