アメリカのドラッグ事情

日本では、芸能人がドラッグを所持してたとか、使用してたとか、

いろいろ騒がれているようですが、アメリカのドラッグ事情。

芸能人だけの話ではありません。

かなり普通の人でも手に入るような、至極、身近なところまできています。

特に心配なのが、高校生と大学生。

この辺は、もう危ない匂いがプンプンです。

パーティーに誘われて、どこかのお店に行くのはいいけど、

トイレに行って帰って来たら、今まで飲んでいた飲み物、飲んではいけません。

目を離している間にドラッグ入れられている可能性、あります。

新しい飲み物を頼みましょう。

同じくパーティーの席で、

「手作りなの〜食べてー」って言われたクッキーやブラウニー

食べてはいけません。

ドラッグが練り込まれている可能性、あります。

どんなに有名で優秀な大学であっても、ドラッグとは必ず遭遇する、

避けては通れない、と言われています。

じゃあ、どうしたらいいのか...?

それは、本人が「NO」と言うしかありません。

うちの息子が通っている中学校では、

「Just Say NO Drug」なんてクラブがあります。

早いうちからの教育が必要なんですね。

そして、娘の通う高校では、年3回、ドラッグ抜き打ち検査があります。

犬が学校に来るんです。

生徒達のカバンの匂いをクンクンかいで、嗅ぎ当てるんです。

うちの子供達が通っている学校は、決して悪い学校ではありません。

学区を選びに選んで通っている学校です。

だからこそ、これだけやってる、とも言えますが,,,。

これから先、アメリカで教育を受ける子供達は、

数々の荒波を乗り越え、壁を突破して行かなければなりません。

怖いものは避け、見せたくないものは見せないのではなく、

むしろ、しっかり見せて教えていく方が良いのかも知れません。

子供が大きくなっても、心配事はつきません。

カテゴリー: ブログ パーマリンク